音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

イベント一覧

HOME > イベント一覧 > 第2回 リーディングイノベーションネットワーク

第2回 リーディングイノベーションネットワーク

第2回リーディングイノベーションネットワークは、慶應義塾大学の研究成果の中から、「癌転移と免疫抑制を同時に制御する分子を標的とした癌治療法(医学部先端医科学研究所 助教 工藤千恵)」、「神経細胞死を抑制するアルツハイマー病の第3世代治療(医学部ノエビアメリキサー神経変性疾患講座 准教授 松岡正明)」、「ピューロマイシン・テクノロジーが拓く新たな医療・バイオの世界(理工学部生命情報学科 教授 柳川弘志)」の3件を、ご紹介しました。

企業等から多数の方にご出席いただき、活発な質疑応答も行われました。

リーディングイノベーションネットワーク

リーディングイノベーションネットワークは、慶應義塾の研究成果を具体的に技術移転させることを目的としています。

写真
写真
写真
開催日 平成21年 1月16日(金)
会 場 慶應義塾大学 三田キャンパス 東館 6F「G-SEC Lab」
プログラム 癌転移と免疫抑制を同時に制御する分子を標的とした癌治療法(医学部先端医科学研究所 助教 工藤千恵)
神経細胞死を抑制するアルツハイマー病の第3世代治療(医学部ノエビアメリキサー神経変性疾患講座 准教授 松岡正明)
ピューロマイシン・テクノロジーが拓く新たな医療・バイオの世界(理工学部生命情報学科 教授 柳川弘志)

↑PAGE TOP