音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

イベント一覧

HOME > イベント一覧 > 「脳・身体とヒューマンインタフェースデザインの未来」

「脳・身体とヒューマンインタフェースデザインの未来」

本シンポジウムは、慶應義塾大学と理化学研究所の包括的連携に基づき、今年4月に設立した人間知性研究センターが今年度4回開催します。
5月に三田キャンパスにて開催したキックオフシンポジウムに続き、第2回となる今回は、これからの脳・身体とヒューマンインタフェースデザインはいかにあるべきかについて、ブレインマシンインタフェース(BMI)、脳疾患、運動学習、ユニバーサルデザインを例に、最先端で活躍中の講師により、これからの人間と人間、人間と機械のつながり方はどうあるべきなのかをご紹介しました。

開催会場: 慶應義塾大学日吉キャンパス協生館藤原洋記念ホール
開催日時: 2009年10月3日12:30~18:00
主  催: 慶應義塾大学人間知性研究センター
共  催: 独立行政法人理化学研究所
慶應義塾大学グローバルCOE プログラム「環境共生・安全システムデザインの先導拠点」,「幹細胞医学のための教育研究拠点」,「論理と感性の先端的教育研究拠点」
慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科
参加申込: 終了致しました。
備  考:  

↑PAGE TOP