音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

HOME > EuraxessJapanTour2017(日本語)

 

EURAXESS Japan Tour 2017 @ Keio
「日欧共同研究&研究者交流 : 欧州研究助成プログラムのWHY&HOW」



  欧州委員会(European Commission(EC))が提供する研究資金・研究交流助成プログラムに関する公募説明会を開催します。研究者個人の交流や、研究機関同士の交流、欧州の研究機関・大学等との共同研究を促進するプログラムなどを丁寧に紹介します。
 ご自身の研究者としてのキャリアの積み上げとして、海外での研究を1つの選択肢としてお考えの方は奮ってご応募ください。また、指導的な立場にいらっしゃる研究者の方においても、組織的な研究者交流にご興味がある方はご参加ください。

本説明会は盛況のうちに終了しました。
 

博士学生、ポスドク、教員の皆様 ~個人研究者向けプログラム
マリー・キュリーアクション(Marie Sklodowska-Curie actions(MSCA))や欧州研究評議会(European Research Council(ERC))の助成金は、海外での研究に携わることが可能になるプログラムです。本プログラムは、欧州で研究活動を行うものとしては最も認知されたプログラムであり、このプログラムを通して得られる経験は、ご自身のキャリア形成上、また将来携わりたい研究への足掛かりとしても重要なものになるでしょう。
 

教員の皆様、研究室責任者、プロジェクト・リーダーの皆様 ~研究機関向けプログラム・共同研究プログラム
国際共同研究はご自身の研究活動の活性化、インパクト・ファクターの向上に寄与します。(Research and Innovation Staff Exchange(RISE))プログラムは、最大4年間に渡り、欧州・日本間の行き来を財政的にサポートします。日本の研究者(グループ)の欧州への渡航と、欧州からのパートナー研究者の受入について使用可能です。本プログラムでは、博士課程学生も派遣対象となります。他にもいくつかのEUによるHorizon2020のプログラムを紹介します。
 

上記についてこの説明会に参加して、欧州の各種プログラムの内容について理解を深めませんか。ご関心のある方は奮ってご参加ください。

【日時】2017年9月25日(月)13:00-17:00
            ※ただし、16:00-17:00は慶應義塾の教職員のみ参加可能
 
【場所】慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎2階 大会議室 
            キャンパスの案内図はこちら https://www.keio.ac.jp/ja/maps/hiyoshi.html

【対象者】教員の皆様、若手研究者、研究者を目指している方(学生も含む)、
               指導的な立場にいらっしゃる研究者  ※慶應義塾関係者に限らず参加可能

【内容】(予定)
     13:00  開会挨拶
                   笹瀬 巌 氏(慶應義塾大学 研究連携推進本部 副本部長)
     13:05  研究者のキャリアと研究プロジェクトにおける国際協力の重要性
                   Matthieu Py 氏(EURAXESS Japan)
     13:15  個人研究者向けプログラム紹介(MSCA(ITN、MSCA、IF)、ERCについて)
                ※質疑応答あり
                   Matthieu Py 氏(EURAXESS Japan)
     14:15  休憩
     14:30  研究機関向けプログラム・共同研究プログラム紹介(MSCA  RISE、Horizon 2020について)
                ※質疑応答あり
                   山田 尚道 氏(日欧産業協力センター)
                   Tom Kuczynski 氏(駐日欧州連合代表部 科学技術部)
     16:00  クローズド・ディスカッション
                 ※慶應義塾の教職員のみ参加可能
     17:00  終了
 
【言語】日本語(ただし、資料は英語のみ)

【参加費】無料
 

↑PAGE TOP