音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

FAQ

HOME > FAQ > 1. 知的財産一般について

1. 知的財産一般について

Q-01 知的財産とは何ですか
Q-02 どのような発明が特許になるのですか
Q-03 どのような人が発明者となりますか
Q-04 プログラムも特許になりますか
Q-05 知的財産について、さらに詳しく知りたいときはどうすればいいですか
Q-06 特許を検索するにはどうすればいいですか

Q-01 知的財産とは何ですか

特許、意匠、商標、著作権、ノウハウなどの総称です。


Q-02 どのような発明が特許になるのですか

従来技術と比較して新しいこと(新規性)、飛躍的に進歩していること(進歩性)等、特許法に定められた一定の基準を満たす発明が特許になります。


Q-03 どのような人が発明者となりますか

独創的な着想を得、かつその着想を具体化した人のみが発明者となります。単に設備や資金を提供した人、実験を補助した人、一般的な管理業務を行った人などは、発明者にはなりません。特許書類に誤った発明者を記載した場合、特許が無効になる可能性がありますので、十分に注意する必要があります。


Q-04 プログラムも特許になりますか

プログラムの基本となる着想であれば、特許の対象となり得ます。また、コーディングされたリストは、著作権で保護されます。詳しくは知的資産部門にご相談ください。


Q-05 知的財産について、さらに詳しく知りたいときはどうすればいいですか

特許庁のウェブサイトをご覧いただいたり、義塾の塾生であれば知的財産に関する講義(知的財産概論、知的所有権特論等)を受講するなどの手段が有効です。

Q-06 特許を検索するにはどうすればいいですか

特許庁のウェブサイトにある特許電子図書館(IPDL)では、無料で特許検索を行うことができます。

↑PAGE TOP