音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

外部研究資金・塾内助成

HOME > 外部研究資金・塾内助成 > 小泉信三記念講座 > 平成24年度小泉信三記念講座(2012年12月21日開催) 坂上 弘君

平成24年度小泉信三記念講座<2012年10月21日開催>

演 題: 「水上滝太郎『銀座復興』をめぐって — 震災と文学」
講 師: 坂上 弘君  (作家)
日 時:平成24年12月21日(金)16:30~18:00
会 場: 三田キャンパス  北館ホール

ポスター掲載はこちら→平成24年度小泉信三記念講座(2012年12月21日(金))

 
【講師紹介】

坂上 弘 (さかがみ ひろし)
 
<略歴>
慶應大学文学部在学中から小説を書き始め、19歳で「息子と恋人」が芥川賞候補に。
1959年、23歳で第4回中央公論新人賞を受賞し、学生作家としてデビュー。
その後も、精密機器メーカーに勤務する傍ら創作活動を継続、作品を発表してきた。
また、内向の世代の作家仲間と文芸雑誌「文体」を発刊、「三田文学」編集長、
退職後には慶應義塾大学出版会社長に就任するなど常に二足三足のわらじを履きながら、
現代作家のひとつのスタイルを示してきた。
〈賞歴〉
1959年 第4回中央公論新人賞=『ある秋の出来事』
1980年 芸術選奨新人賞=『初めの愛』
1992年 第43回読売文学賞(小説賞)=『優しい碇泊地』
1992年 第45回野間文芸賞=『田園風景』
1992年 第42回芸術選奨文部大臣賞=『優しい碇泊地』
1997年 第24回川端康成文学賞=『台所』
2004年4月 紫綬褒章
〈 現在 〉
 作家、日本近代文学館理事長、日本文藝家協会副理事長、
 三田文学会理事長、福澤諭吉協会監事、慶應義塾大学出版会 会長、
 日本藝術院会員。



お問い合わせ先:慶應義塾大学研究支援センター本部
           TEL:03-5427-1581(内線25855)
           受付時間/月~金(8:30~17:00)

 

 

↑PAGE TOP