音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

外部研究資金・塾内助成

HOME > 外部研究資金・塾内助成 > 小泉信三記念講座 > 平成23年度小泉信三記念講座 (コーディネーター:藤田眞幸(慶應義塾大学医学部教授)

平成23年度小泉信三記念講座〔コーディネーター:藤田眞幸(慶應義塾大学医学部教授)〕


演題 「地球規模での健康格差の是正に向けて国際社会の出来ること-WHOの挑戦と課題-」
講師 中谷 比呂樹氏(WHO本部事務局長補)
日時 平成23年10月26日(水)16:30~18:00
会場 三田キャンパス 北館ホール

ポスター掲載はこちら→平成23年度小泉信三記念講座(2011年10月26日(水))

※当日の講座の様子についてはこちら10月26日開催をご参照ください。



【講師紹介】

中谷 比呂樹(なかたに ひろき) 

<略歴>

1977      慶應義塾大学医学部卒業

1979年     厚生省入省。保健医療局エイズ・疾病対策課長、保健医療局
            結果感染症課長

      厚生労働省大臣官房参事官、大臣官房厚生科学課長、国立医
            薬品食品衛生研究所企画調整官

      国立がんセンー運営局長兼厚生労働省がん対策本部事務局

            長、厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長

      などを歴任。この間WHO本部事務局(在ジュネーブ)人材開発

            部政策解析課長、広島県福祉保健部長を務める。

2007年    WHO(世界保健機関)本部事務局長補、現在に至る。

            併せて、世界エイズ・結核・マラリア基金理事会理事、NAIDS

            事業調整理事会理事、慶應義塾大学グローバルセキュリティ

            研究所上席研究員。

 

※ WHO(世界保健機関)とは「全ての人が可能な最高の健康水準に到達 

   すること。」を目的とする国連の専門機関。

  感染症対策、医薬品・食品の安全対策、健康増進対策等の活動を行う。

  設立は1948年(日本は1951年に加盟)。

   加盟国数193カ国。本部はジュネーブ(スイス)で世界6ヶ所に地域

   事務局を置く。

事務局長補は、事務局長、事務局次長につぐ要職で、2007年に中谷

博士が、日本人として初めて就任した。

 

 

お問い合わせ先:慶應義塾大学研究支援センター本部

        TEL03-54271581(内線22620

        受付時間/月~金(8301700

 


 

↑PAGE TOP