音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

外部研究資金・塾内助成

HOME > 外部研究資金・塾内助成 > 小泉信三記念講座 > 小泉信三博士略歴

小泉信三博士略歴

小泉 信三(こいずみ しんぞう)

明治21年(1888年)5月4日~昭和41年(1966年)5月11日
経済学者、文筆家。東京生まれ。

明治43年(1910年):慶應義塾大学部政治科を卒業と同時に義塾教員となる。
大正1年(1912年)~イギリス、ドイツ、フランスに留学。
大正5年(1916年): 帰国後、教授に就任。リカード研究、マルキシズム批判の理論家として活躍。
昭和8年(1933年)~昭和22年(1947年):慶應義塾長。
昭和24年(1949年):皇太子殿下(今上天皇)の御教育常時参与。
昭和34年(1959年):文化勲章を受章。

学生時代はテニス部に所属したスポーツマンで、日吉キャンパスには「練習は不可能を可能にす」という言葉を刻んだ碑がある。
また、昭和15年(1940年)、戦時色が濃くなり始めた頃、各教室に掲示した「善を行ふに勇なれ」等の塾長訓示は有名。

主な著書
『海軍主計大尉小泉信吉』(文藝春秋)
『ペンは剣よりも強し』(恒文社)
『福沢諭吉』(岩波書店)
『マルクス死後五十年』(泉文堂)
『近代経済思想史』(慶應義塾大学出版会)
『わが文芸談』(講談社)

↑PAGE TOP