音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

外部研究資金・塾内助成

HOME > 外部研究資金・塾内助成 > 小泉信三記念講座 > 過去の演題一覧(昭和43年度~平成2年度)

過去の演題一覧(昭和43年度~平成2年度)

年度 テーマ 開催日 開催
地区
講師 演題
S43 核酸 S43.5.11 四谷 江上 不二夫 東京大学医学部教授 核酸の構造
S43.5.18 四谷 江上 不二夫 東京大学医学部教授 核酸の構造
S43.5.25 四谷 吉川 秀男 大阪大学医学部教授 遺伝現象における核酸の役割
S43.6.8 四谷 吉川 秀男 大阪大学医学部教授 遺伝現象における核酸の役割
S43.6.15 四谷 直良 博人 国立がんセンター生物部長 がんと核酸
S43.6.22 四谷 伊藤 洋平 愛知がんセンターウイルス部長 がんと核酸
S43.6.29 四谷 渡辺 格 医学部教授 ウイルスと核酸
S43.7.6 四谷 春名 一郎 医学部講師 核酸の合成
近代日本の人物像 S43.5.18 日吉 高村 象平 経済学部教授 小泉信三
S43.5.25 日吉 江藤 淳 文芸評論家 夏目漱石
S43.6.8 日吉 臼井 吉見 文芸評論家 森 鴎外
S43.6.15 日吉 小島 政二郎 作家 水上滝太郎—三田文学を背景として—
S43.6.22 日吉 中山 伊知郎 一橋大学名誉教授 福田徳三
S43.6.29 日吉 嘉治 隆一 評論家 河上肇—小泉信三との論争を中心として—
S43.7.6 三田 加藤 元一 本塾名誉教授 北里柴三郎
S43.9.14 三田 丸山 真男 東京大学教授 福澤諭吉
ステロイドホルモンの基礎と臨床 S44.1.25 四谷 吉村 不二夫 東京慈恵医科大学教授 副腎の形態と機能との関連
S44.2.1 四谷 滝川 決男 群馬大学内分泌研究所教授 ステロイドの蛋白結合成
S44.2.8 四谷 神戸川 昭 帝国臓器薬理研究部主任研究員 血中及び尿中ステロインドホルモン及びその代謝産物の追求
S44.2.15 四谷 熊谷 朗 大阪大学医学部教授 間脳—下垂体とステロイドホルモン
S44.2.22 四谷 落合 京一郎 東京医科歯科大学医学部長 男子性腺について
S44.3.1 四谷 飯塚 理八 医学助教授 性ホルモンの作用と臨床
S44.3.8 四谷 阿部 令彦 国立がんセンター ステロイドホルモンと癌—モルモン産性腫瘍を含めて—
S44 世界の古典 S44.5.17 日吉 伊藤 正雄 甲南大学教授 福澤諭吉「学問のすすめ」
S44.5.24 日吉 高橋 義孝 九州大学教授 ゲーテ「ファウスト」
S44.6.7 日吉 山田 吉彦
(きだみのる)
評論家 ファーブル「昆虫記」
S44.6.14 日吉 池田 弥三郎 文学部教授 紫 式部「源氏物語」
S44.6.21 日吉 大内 兵衛 学士院会員 アダム・スミス「国富論」
S44.6.28 三田 宮沢 俊義 立教大学教授 モンテスキュー「法の精神」
S44.7.5 三田 吉川 幸次郎 京都大学名誉教授 孔子「論語」
S44.9.13 三田 鈴木 俊郎 内村艦三全集編纂者 「聖書」
S45 現代社会とコンピューター S45.4.18 日吉 岸田 純之助 朝日新聞社論説委員 システムとコンピューター
S45.4.25 日吉 駒宮 安男 通産省工業技術院電気試験所 コンピューターの発展
S45.5.2 日吉 南雲 仁一 東京大学工学部教授 頭脳とコンピューター
S45.5.9 日吉 庄子 幹雄 鹿島建設技研究部事務計算センター 計画とコンピューター
S45.5.16 日吉 藪 忠綱 外務省電子計算機室長 情報検索とコンピューター
S45.5.23 日吉 水谷 静夫 東京女子大学文学部教授 言語とコンピューター
S45.6.13 日吉 山内 二郎 青山学院大学理工学部教授 (座長)パネル討論「現代社会とコンピューター」
栗生 進 東洋工業付属病院情報センター (パネラー)
吉原 治彦 東洋レーヨン (パネラー)
林 荘祐 朝日新聞技術開発本部 (パネラー)
波多野 勝夫 電通電子計算室 (パネラー)
新井 正平 富士銀行人事部 (パネラー)
新川 正直 新日鉄八幡製鉄所八幡製造所管理部 (パネラー)
武藤 烈 旭硝子研究所 (パネラー)
福澤先生の人と思想(4回連続) S45.10.1 三田 高橋 誠一郎 本塾名誉教授 最晩年の福澤先生
S45.10.15 三田 高橋 誠一郎 本塾名誉教授 福澤先生の社会経済論
S45.10.29 三田 高橋 誠一郎 本塾名誉教授 福澤先生の婦人論
S45.11.12 三田 高橋 誠一郎 本塾名誉教授 福澤先生の芸術観
語学についての八講 S45.10.3 日吉 西脇 順三郎 本塾名誉教授 言語と文化
S45.10.17 日吉 朱牟田 夏雄 東京大学名誉教授 外国語の学び方
S45.10.24 日吉 緒方 富雄 東京大学名誉教授 蘭学事始にあらわれた言語の諸問題
S45.11.7 日吉 河盛 好蔵 文芸評論家 翻訳について
S45.11.14 日吉 相良 守峯 文学部兼任講師 辞書の話
S45.11.28 日吉 前嶋 信次 文学部教授 特殊な国の言語・アラビヤ語の場合
S45.12.5 日吉 山本 健吉 文芸評論家 国語の尊重
S45.12.12 日吉 島田 謹二 文学部兼任講師 日本の英学
S46 数学—その関連する8つの領域— S46.4.24 日吉 河田 龍夫 工学部教授 近代数学の成立とその展開
S46.5.1 日吉 前原 昭二 東京教育大学教授 推論の数学的構造
S46.5.8 日吉 国沢 清典 東京工業大学教授 統計学の数理
S46.5.22 日吉 赤 摂也 立教大学教授 計算機と数学
S46.6.5 日吉 山内 恭彦 上智大学教授 量子論の数学的構造
S46.6.12 日吉 印東 太郎 文学部教授 数理心理学の最近の動向
S46.6.19 日吉 水谷 静夫 東京女子大学教授 新しい言語学としての数理言語学
S46.6.26 日吉 根岸 隆 東京大学助教授 社会現象の数理—経済学の場合—
S47 経済学と現代 S47.4.22 日吉 木村 健康 東京大学名誉教授 アダム・スミスと現代
S47.5.12 日吉 竹内 靖雄 成蹊大学助教授 「資本論」の今日的意義
S47.5.19 日吉 安井 琢磨 国際基督教大学教授 限界革命のもたらしたもの
S47.5.26 日吉 福岡 正夫 経済学部教授 ケインズ理論とその背景
S47.6.2 日吉 伊達 邦春 早稲田大学教授 シュンペーターと資本主義
S47.6.9 日吉 村上 泰亮 東京大学助教授 新古典派経済学のパラダイム
S47.6.16 日吉 熊谷 尚夫 大阪大学教授 経済理論と現代資本主義
S48 科学の基礎と現代の諸問題 S48.10.6 矢上 沢田 允茂 文学部教授 科学と人間および社会Ⅰ
S48.10.13 矢上 沢田 允茂 文学部教授 科学と人間および社会Ⅱ
S48.10.20 矢上 伊東 俊太郎 東京大学助教授 科学史から見た現代科学の問題点
S48.11.10 矢上 吉田 夏彦 東京工業大学教授 科学理論についての哲学的反省Ⅰ・Ⅱ
S48.12.1 矢上 大江 晃 文学部教授 科学理論の論理構造について
S48.12.8 矢上 島津 康男 名古屋大学教授 エコロジーの観点から見た現代の問題点
S48.12.15 矢上 浅原 照三 東京大学教授 工学において解決を迫られている諸問題
人類と文化 S48.10.18 日吉 今西 錦司 前岐阜大学長 人類と社会
S48.10.25 日吉 住谷 一彦 立教大学教授 “東洋と西洋”と現代
S48.11.1 日吉 祖父江 孝男 明治大学教授 日本の国民性
S48.11.6 日吉 古屋野 正俉 東京都立大学教授 日本社会の変動
S48.11.15 日吉 長島 信弘 一橋大学助教授 変動するアフリカ
S48.11.29 日吉 可児 弘明 文学部助教授 第三世界と華僑,日僑
S48.12.6 日吉 十時 厳周 法学部教授 高度産業社会と人類
終戦前後の国際環境—現代日本外交の背景を探る— S48.10.19 三田 永井 陽之助 東京工業大学教授 ヤルタ体制の成立
S48.10.26 三田 大畑 篤四郎 早稲田大学教授 日本の終戦外交
S48.11.2 三田 斎藤 真 東京大学法学部長 アメリカ外交の伝統と終戦
S48.11.12 三田 石川 忠雄 法学部長 1940年代の国共関係
S48.11.16 三田 神谷 不二 法学部教授 朝鮮半島の分割
S48.11.30 三田 細谷 千博 一橋大学教授 アメリカの対日占領政策
S48.12.7 三田 西村 熊雄 元駐仏大使 日米安全保障条約の成立
S48.12.14 三田 木内 信胤 世界経済調査会理事長 占領下における日本経済
S49 現代日本経済論 S49.5.9 三田 辻村 江太郎 商学部教授 経済成長とインフレーション
S49.5.16 三田 内田 忠夫 東京大学教授 現代日本経済の政策課題
S49.5.23 三田 伊東 光晴 法政大学教授 都市問題を考える
S49.5.30 三田 宇沢 弘文 東京大学教授 環境破壊の経済学
S49.6.6 三田 唯是 康彦 農業総合研究所員 食糧政策と農業問題
S49.6.13 三田 金森 久雄 日本経済研究センター理事長 世界経済の中の日本
S49.6.20 三田 今井 賢一 一橋大学教授 現代寡占体制と産業組織政策
S49.6.27 三田 篠原 三代平 成蹊大学教授 産業構造変革の方向
日本人と西欧—日本の近代文学・芸術を中心として— S49.10.5 日吉 河盛 好蔵 共立女子大学教授・文芸評論家 フランス文学の享受—永井荷風を中心に
S49.10.12 日吉 佐伯 彰一 東京大学教授・文芸評論家 島国的なもの—イギリスと日本
S49.10.19 日吉 中野 博司 文学部助教授 日本の西洋音楽—山田耕作を中心に
S49.11.2 日吉 小堀 桂一郎 東京大学助教授 革新か改良か—森鴎外の文明観について
S49.11.6 日吉 高階 秀爾 東京大学助教授・美術評論家 明治期の日本画と洋画—岡倉天心の周辺
S49.11.9 日吉 川端 香男里 東京大学助教授 ツルゲーネフ・ドストエフスキーと日本—二葉亭四迷を中心に—
S49.11.16 日吉 亀井 俊介 東京大学助教授 日本の近代とアメリカ文学
S50 未来を考える S50.4.12 日吉 武見 太郎 日本医師会長 医学教育と医療制度の将来像
S50.4.19 日吉 林 雄二郎 未来工学研究所長 未来研究一般論
S50.4.26 日吉 大関 幸一 野村総合研究所国民生活研究部長 国民生活の将来
S50.5.10 日吉 槇 文彦 槇総合計画事務所長・東京大学講師 都市生活の未来
S50.5.17 日吉 兼子 宙 雇用促進事業団職業研究所長・早稲田大学講師 未来の職業像
国際経済の展望と新視点 S50.10.31 三田 小島 清 一橋大学教授 国際貿易と直接投資の総合理論を求めて
S50.11.7 三田 松村 善太郎 大阪府立大学教授 国際通貨の将来にむけて
S50.11.14 三田 大来 佐武郎 海外経済協力基金総裁 資源問題のゆくえ
S50.11.28 三田 白石 孝 商学部長 多国籍企業の歩む道
S50.12.5 三田 板垣 与一 一橋大学名誉教授・亜細亜大学教授 経済的ナショナリズムの新潮流
S50.12.12 三田 渡辺 太郎 大阪大学教授 国際貿易体制の変容
生命科学特集 S50.10.4 矢上 江上 不二夫 三菱化成生命科学研究所長 生命の起源をめぐって
S50.10.17 矢上 坪井 正道 東京大学教授 核酸の分子構造と機能
S50.10.24 矢上 渡辺 格 医学部教授 遺伝と分子
S50.11.1 矢上 南雲 仁一 東京大学教授 脳のはたらき
S50.11.13 矢上 林 忠四郎 京都大学教授 太陽系の起源
S50.12.5 矢上 保崎 秀夫 医学部教授 精神と脳
S51 小泉信三博士没後10周年記念講演会 S51.5.11 三田 林 健太郎 東京大学総長 社会思想家としての小泉信三博士
鷲尾 洋三 文芸春秋副社長 編集者のみた小泉先生
福岡 正夫 経済学部教授 小泉信三博士と理論経済学
近代日本における学問の受容と発展 S51.5.15 矢上 湯浅 光朝 専修大学教授 日本における近代自然科学の起源
S51.5.20 三田 杉山 忠平 静岡大学教授 明治日本と西欧経済思想の受容
S51.5.25 三田 島田 謹二 文研兼任講師 日本における外国文学の受け取り方
S51.6.3 三田 緒方 富雄 東京大学名誉教授 近代日本における医学の受容と発展
S51.6.10 三田 手塚 豊 法学部教授 明治時代における外国法の継受
S51.6.11 矢上 立川 昭二 北里大学教授 先駆的技術者の軌跡—田中久重と大野弁吉—
S51.6.17 三田 速水 融 経済学部教授 歴史研究と歴史家
S51.6.24 三田 林 茂 東京大学名誉教授 政治学と政治—明治前半期における—
S51.7.1 三田 大久保 利謙 歴史家 明治維新期における欧米学問導入の経路
「国富論」の 200年 S51.10.7 三田 大河内 一男 東京大学名誉教授 スミスにおける倫理と経済
S51.10.14 三田 岡田 純一 早稲田大学教授 国富論と近代経済学
S51.10.21 三田 杉原 四郎 甲南大学教授 日本におけるスミス
S51.10.28 三田 水田 洋 名古屋大学教授 社会思想史上のスミス
S51.11.25 三田 高橋 誠一郎 本塾名誉教授 アダム・スミスと慶應義塾
S52 日本の古代像 S52.10.24 日吉 益田 勝実 法政大学教授 古代的想像の担い手たち
S52.11.7 日吉 大林 太良 東京大学教授 日本神話の構造と系統
S52.11.10 日吉 大野 晋 学習院大学教授 古代日本の世界像
S52.11.14 日吉 池田 弥三郎 文学部教授 万葉びとの一生—日本の古代像—
生命科学の現代社会へのインパクト S52.10.17 三田 木原 弘二 医学部教授 遺伝子を操るべきか
S52.10.24 三田 小泉 明 東京大学教授 人間生存の変遷
S52.11.7 三田 武見 太郎 日本医師会会長 医療面からの21世紀展望
S52.11.14 三田 澤田 允茂 文学部教授 生命と生活の哲学
S53 大学生活を考える S53.4.11 日吉 池田 弥三郎 文学部教授 一冊の本
S53.4.12 日吉 久野 洋 工学部教授 私の大学時代の思い出—私の学問の遍歴—
S53.4.13 日吉 伊東 乾 法学部教授 学ぶということ
S53.4.14 日吉 高村 象平 本塾名誉教授 私学に生きる
明日の人類のためのエネルギー計画 S53.9.29 三田 森 一久 日本原子力産業会議専務理事 原子力平和利用の将来—そのハードルをどう見る—
藤岡 知夫 工学部教授 (コメンター)
中鉢 正美 経済学部教授 (コメンター)
飯沼 和正 科学評論家 (コメンター)
S53.9.29 三田 池口 小太郎
(堺屋 太一)
通産省工業技術院 エネルギー問題の基本と日本経済
高橋 潤二郎 経済学部教授 (コメンター)
渡部 康一 工学部助教授 (コメンター)
S53.9.29 三田 太田 時男 横浜国立大学教授 「水素エネルギー」—人類究極のエネルギーシステムへの道—
高橋 秀俊 工学部教授 (コメンター)
深海 博明 経済学部教授 (コメンター)
S54 大学生活を考える S54.4.4 日吉 鈴木 孝夫 言語文化研究所教授 外国語のすすめ
S54.4.5 日吉 辻村 江太郎 商学部教授・産業研究所長 社会現象への視点
S54.4.6 日吉 沢田 允茂 文学部教授 新学問のすすめ
S54.4.7 日吉 佐藤 朔 本塾名誉教授・日本私学振興財団理事長 人生と文学
国連へのアプローチ S54.10.18 三田 賀陽 治憲 外務省国連局長 日本国連外交の理念
S54.10.18 三田 斉藤 鎮男 元国連大使・法学部講師 国連における国際新秩序構築の前進と挫折
S54.10.26 三田 緒方 貞子 前国連日本政府代表部公使 国連最近の活動
S54.10.26 三田 ロイ・ロックハイマー 日本大学教授 国連大学と日本
S55 大学生活を考える S55.5.6 日吉 内村 直也 劇作家・塾員 私の期待する塾生
S55.5.7 日吉 速水 融 経済学部教授 社会科学と歴史
S55.5.9 日吉 手塚 豊 本塾名誉教授 塾史こぼれ話
S55.5.12 日吉 石川 七郎 国立がんセンター総長・塾員 大学生活のバックボーン
第三世界の展望 S55.10.27 三田 西川 潤 早稲田大学教授 南北問題の展望
S55.10.28 三田 岡部 達味 東京都立大学教授 80年代アジアの展望
S55.10.29 三田 板垣 雄三 東京大学助教授 第三世界とイスラーム
S55.10.30 三田 小田 英郎 法学部教授 現代アフリカの政治的潮流
S56 大学生活を考える S56.4.4 日吉 宮下 啓三 文学部教授 外国語を友にする方法—外国語喜怒哀楽—
S56.4.6 日吉 神山 四郎 文学部教授 私の福澤諭吉論
S56.4.7 日吉 加藤 寛 経済学部教授 社会科学への招待
現代の青年像 S56.12.7 三田 松平 康隆 日本バレーボール協会専務理事・塾員 スポーツと政治
S56.12.9 三田 藤倉 五郎 元デヴィスカップ選手・塾員 スポーツから見た現代の青年像
S56.12.11 三田 前田 祐吉 本塾野球部新監督 スポーツマンと勇気
S57 大学生活を考える S57.4.3 日吉 武見 太郎 日本医師会会長・本塾評議員 大学生活の感想と希望
S57.4.6 日吉 福岡 正夫 経済学教授 教養とは何か
S57.4.7 日吉 椎名 武雄 日本アイ・ビー・エム社長・本塾評議員 情報革新と社会
S57.4.7 日吉 白井 浩司 文学部教授 私の語学遍歴
技術のフロンティアとこれからの社会 S57.10.5 三田 森谷 正規 野村総合研究所政策研究部 80年代の技術発展と日本の技術力
S57.10.12 三田 相磯 秀夫 理工学部教授 コンピュータ・サイエンスにおける最先端技術とその問題点
S57.10.19 三田 阿久津 哲造 国立循環器病センター人工臓器部長 人工臓器特に人工心臓の考え方と行方
S57.11.9 三田 加藤 一郎 早稲田大学理工学部教授 ロボット・人間・社会
S58 大学生活を考える S58.4.4 日吉 安岡 章太郎 作家・塾員 わが学生生活
S58.4.5 日吉 小此木 啓吾 医学部助教授 自分をどう選ぶか
S58.4.7 日吉 池井 優 法学部教授 スポーツのすすめ
S58.4.8 日吉 木村 太郎 NHKニュースキャスター・塾員 国際情報化時代に求められるもの
福澤諭吉の人間像 S58.8.24 三田 山口 一夫 行政情報システム研究所会長 文久2年(1862年)福澤諭吉の西航の旅
S58.10.12 三田 平川 祐弘 東京大学教授 フランクリンとの対比において見る福澤の人間像
S58.10.14 三田 飯沢 匡 劇作家・評論家 福澤諭吉のユーモア
S58.10.18 三田 松島 栄一 大東文化大学教授 福澤諭吉と門下生—早矢仕有的を中心に—
S59 大学生活を考える S59.4.3 日吉 三好 京三 作家・塾員 大学とわが文学
S59.4.4 日吉 伊藤 淳二 鐘紡社長・本塾評議員 今一度,大学に帰れたら
S59.4.5 日吉 倉田 保雄 評論家・共同通信元パリ支局長・文学部講師 国際人の条件
S59.4.6 日吉 村田 昭治 商学部教授 青春の文化—若者の生き方への提案—
日本的とは何か S59.8.11 三田 浅井 慶三郎 商学部教授 サービスのマーケティング—日本のフランチャイズシステム—
S59.9.26 三田 久 威智 ライオン(株)専務取締役・塾員 日本的なるもの—マネジメント・スタイルの視点から—
S59.10.30 三田 デニス・キーン 日本女子大学教授 日本文学と私
S59.11.14 三田 グレゴリー・クラーク 上智大学教授 外人と日本人
S60 大学生活を考える S60.4.3 日吉 吉増 剛造 詩人・塾員 詩人の声
S60.4.5 日吉 神谷 不二 法学部教授 ものの見方—ユートピアニズムとリアリズム—
S60.5.10 日吉 なだ いなだ 作家・医師・塾員 対話のすすめ
S60.5.14 日吉 エズラ・F・ヴォーゲル ハーバード大学教授 国際化社会への対応
日本の未来像 S60.8.12 三田 石井 公一郎 ブリヂストンサイクル会長・本塾評議員 学歴社会の変貌
S60.10.22 三田 斎藤 茂男 共同通信社編集委員・塾員 科学と生命とのはざま
S60.10.28 三田 鈴木 邦彦 日本作曲家協会理事・塾員 大衆音楽の送り側(作曲家・歌手)と受け取り側(大衆)の過去・現在・そして未来
S60.11.12 三田 椎名 武雄 日本アイ・ビー・エム社長・本塾評議員 高度情報化社会の課題
S61   S61.4.21 日吉 ルーベン・L・F・アビト 上智大学助教授 解放の神学と現代日本
S61.4.24 日吉 岡田 隆彦 東京造形大学教授・塾員 現代美術の見方
S61.5.16 日吉 黒田 寿郎 国際大学中東研究所長・塾員 中東の世界観
S61.5.23 日吉 加賀 乙彦 作家・精神科医 医学と文学
これからの社会はどう変っていくか—その展望と対応— S61.8.13 三田 早馬 修 野村総合研究所取締役・塾員 これからの産業発展とベンチャービジネス
S61.10.8 三田 鵜飼 克 全国銀行協会連合会調査部長・塾員 日本における金融革命—その現状と展望—
S61.10.22 三田 小高 康郎 日本電気支配人・塾員 コンピュータ技術とC&C時代
S61.11.12 三田 小林 陽太郎 富士ゼロックス社長・本塾評議員 変化する日本の企業経営
S61.12.10 三田 早馬 修 野村総合研究所取締役・塾員 これからの産業発展とベンチャービジネス
S62 大学生活を考える S62.4.15 日吉 森 敬 理工学部教授 海底・砂漠・地下・月面に至る付加価値太陽光のバイオ利用
S62.4.21 日吉 鈴木 孝夫 言語文化研究所教授 国際化とは何か
S62.5.11 日吉 永戸 多喜雄 本塾名誉教授 いま何を?
  S62.8.12 三田 アンドルー・アーマー 文学部訪問講師 異国文化との接触
S62.10.22 三田 小此木 政夫 法学部教授 韓国政治情勢の現状と展望
S62.10.23 三田 五十嵐 一 筑波大学助教授 良寛さまと石油
S62.12.1 三田 本間 長世 東京大学教授・教養学部長 日本人はアメリカをいかに理解してきたか
S63 大学生活を考える S63.4.25 日吉 西部 邁 評論家・元東京大学教授 大学生活を振り返って
S63.4.27 日吉 衛藤 駿 理工学部教授 教わること,学ぶもの
S63.5.16 日吉 沢田 允茂 本塾名誉教授 学問と行動—言語で作られた心—
S63.5.20 日吉 田久保 英夫 作家・塾員 作家たちの青春
  S63.8.13 三田 飯田 鼎 経済学部教授 西郷南洲と福澤諭吉
S63.12.6 三田 小竹 豊治 元商学部教授 我が恩師・小泉先生
S63.12.7 三田 福岡 正夫 経済学部教授 経済学者 小泉信三
S63.12.13 三田 安東 伸介 文学部教授 文学と小泉信三
H1 大学生活を考える H1.4.21 日吉 小比賀 正敬 商学部教授 南極の自然科学研究
H1.4.24 日吉 秋月 龍珉 埼玉医科大学名誉教授 教えて厳ならざるは師の怠り
H1.4.26 日吉 隅谷 三喜男 前東京女子大学学長 大学で何をどう学ぶか
H1.5.11 日吉 高橋 令二 名古屋明徳短期大学学長・本塾名誉教授 疎外からの脱出
  H1.8.11 三田 田中 滋 経営管理研究科助教授 長寿社会と社会保障
H1.10.24 三田 安西 祐一郎 理工学部教授 コンピュータサイエンスの現在と未来
H1.11.13 三田 吉野 一 明治学院大学法学部教授・塾員 法律と人工知能の融合
H2   H2.5.10 日吉 内山 秀夫 法学部教授・福澤研究センター所長 経験としての文明
H2.5.16 日吉 小泉 仰 文学部教授 福澤諭吉の学問論
H2.5.24 日吉 沼田 篤良 FCI(フジサンケイ・コミュニケーションズ・インターナショナル)東京支社業務部長 テレビとイベント—パリ発東京行オリエント急行—
H2.5.25 矢上 牧野 昇 (株)三菱総合研究所会長 21世紀の科学技術と大学の役割
世界の変動と人間のゆくえ H2.8.1 日吉 寺尾 誠 経済学部教授・通信教育部長 歴史の中のヨーロッパ
H2.10.12 三田 嶌 信彦 ジャーナリスト・塾員 激動の東欧と新国際秩序
H2.11.16 三田 北沢 洋子 国際問題評論家 暮しのなかの第三世界
H2.12.8 三田 武者小路 公秀 明治学院大学国際学部教授 世界覇権構造の変化と日米関係

↑PAGE TOP