音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

知的資産部門
ENGLISH

HOME > 知的資産部門 > 知的資産部門について

知的資産部門について

技術移転活動に対する慶應義塾大学の基本理念

慶應義塾大学は、研究成果の社会への移転を、教育・研究と並ぶ大学の使命と考えています。
そして、「慶應義塾大学で生まれた研究成果は、大学にとって貴重な知的財産であり、大学はこれら知的財産の保護と活用を積極的に促進・支援する」という考え方を公表しています。

この方針に基づき、知的資産部門は大学の学内組織として、大学の予算で運営されています。したがって、会員制度は採用していません。

知的資産部門は、慶應義塾の研究成果による知的財産権の創出・保護・維持・管理・活用および事業の孵化活動を遂行します。

そして、慶應義塾大学の研究連携推進体制を支える他の組織(1.学部横断や融合型研究を中心とした慶應義塾の研究活動における連携の推進および産学官連携を促進する研究推進部門、2.慶應義塾内外の研究の情報収集を通した機動的な運営を目指し、本部と各地区の情報共有と連携を展開する企画戦略部門、3.受託・共同研究の窓口となりかつ研究者に密着した実務支援を行う研究支援センター)と密接に協力しながら、大学の研究成果を特許等で保護し、その成果を社会に積極的に移転すると同時に、社会での評価を学内に還元して、大学の研究活動のより一層の活性化および拡大を図ります。
学内に対しては● 特許調査・相談● 研究成果、知的財産保護・維持・管理● 共同研究の支援(契約・斡旋)● 知的財産に関する教育・研究
社会に対しては● 慶應義塾大学の知的財産移転の実行機関● ライセンス交渉・契約● ベンチャースタートアップの支援● 知的財産・技術移転に関する研究

↑PAGE TOP