音声ブラウザ専用。こちらよりカテゴリ内メニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

研究推進部門

HOME > 研究推進部門 > (東日本大震災関連)研究活動の紹介

(東日本大震災関連)研究活動の紹介

本ページは、慶應義塾における東日本大震災関連の研究活動や、研究活動に伴うシンポジウムなどのWebサイトへのポータルサイトです。


●記事掲載について
 2013年3月をもって、本ページへの情報掲載の受付を終了いたしました。
 多くの情報ご提供、ありがとうございました。
 

これまで行われたシンポジウム、セミナー、公開講座(参考)

開催日 シンポジウム、セミナー、公開講座など
2013/05/11  慶應義塾大学大学院経営管理研究科
 Grand Design by Japan-日本のグランド・デザイン策定を行う融合型実践教育
 2013年度第2回フォーラム 第2回フォーラム『国際NPOのマネジメント,食による地域再生』
 『2011東日本大震災の危機対応(17)-地域,建築,医療』
2013/04/20  慶應義塾大学大学院経営管理研究科
 Grand Design by Japan-日本のグランド・デザイン策定を行う融合型実践教育
 2013年度第1回フォーラム 東日本大震災の危機対応(16) 原子力発電所事故,被災地,環境
 映画『フタバより遠く離れて』上映,舩橋淳(映画監督),井戸川克隆(双葉町前町長),熊本一規(明治学院大学教授) 講演
2013/03/20  慶應義塾大学大学院経営管理研究科
 Grand Design by Japan-日本のグランド・デザイン策定を行う融合型実践教育
 年度最終シンポジウム・フォーラム 東日本大震災の危機対応(15)
 講演 中谷比呂樹(WHO事務局長補)
「国際機関から見た健康分野における日本のグローバル課題への貢献 —震災,国際人材育成,医療イノベーション— 」
2013/01/26  慶應義塾大学大学院経営管理研究科
 Grand Design by Japan-日本のグランド・デザイン策定を行う融合型実践教育
 東日本大震災の危機対応(14)
 「都市と防災:データ・マネジメントによる総合的危機管理,地震電磁気学による地震短期予測」
2012/07/12  パネルデータ設計・解析センター シンポジウム
 「東日本大震災が人々の心理・価値感・行動に与えた影響」
2012/03/09  慶應義塾大学パネル調査共同研究拠点主催
 慶應義塾大学大学院経済学研究科・商学研究科
 京都大学経済研究所連携GCOE共催
 「パネル調査共同研究拠点シンポジウム —教育・医療・雇用・社会保障と税制度—」
2012/01/13  グローバルセキュリティ研究所 Faculty Seminar(第6回)
 「東日本大震災で見直される日本人の働き方」
2011/12/22  公開シンポジウム
 「大震災と人の尊厳」
2011/12/10  藤沢市民講座第3回
 「大震災を経験した日本社会の変化」
2011/12/10  慶應義塾大学・南三陸支援プロジェクト&慶應塾生新聞会共催
 「南三陸 これからの復興支援を考える」
2011/12/06  グローバルセキュリティ研究所 Faculty Seminar(第5回)
 「「3.11」震災報道を考える—政策報道と政局報道を中心に—」
2011/12/03  藤沢市民講座第2回
 「社会における情報通信技術の役割~震災を経験して~」
2011/12/03 港区・グローバルセキュリティ研究所共催 公開講座「自立と絆」
(平成23年度第4回)
 「東日本大震災を踏まえた地域防災力に向けた区の取り組み」
2011/11/26 藤沢市民講座第1回
 「被災後の体と心を守るために~被災地支援の経験から~」
2011/11/26 港区・グローバルセキュリティ研究所共催 公開講座「自立と絆」
(平成23年度第3回)
 「NPOのリーダーシップによる震災復興」
2011/11/23   G-SEC シンポジウム@SFC Open Research Forum2011
 「大震災:日本の教訓」
2011/11/22  G-SEC セッション@SFC Open Research Forum2011
 「リーダーの在り方について考える—震災復興を契機として—」
2011/11/12 港区・グローバルセキュリティ研究所共催 公開講座「自立と絆」
(平成23年度第2回)
 「3.11にみるコミュニティー拠点の役割」
2011/11/05  港区・グローバルセキュリティ研究所共催 公開講座「自立と絆」
(平成23年度第1回)
 「日本の防災の経験と今後-企業と家庭での被害軽減のために-」
2011/10/18  夕学講座2011年度後期
 「東北大震災と新しい公共」
2011/10/11  夕学講座2011年度後期
 「大災害に向き合う日本人のこころ」
2011/10/07  グローバルセキュリティ研究所 Faculty Seminar(第4回)
 「東日本大震災における医療支援の実態と新しい支援形態」
2011/10/01~
12/03
 日吉キャンパス公開講座
 「災害とメディア」
2011/09/21  慶應義塾大学・カナダ大使館共催フォーラム
 「これからのエネルギーについて考える」
 -日本とカナダのハイトレート研究連携から-
2011/07/18  国際シンポジウム
 「日本経済の再設計-震災を超えて」
 復興への具体策作り、産官学の力を結集-実学発想による新しい 社会環境資本を求めて -
2011/07/11  グローバルセキュリティ研究所 危機対応緊急フォーラム(第12回)
 「法政策学から見た震災復興と法制度設計」
2011/07/04  グローバルセキュリティ研究所 危機対応緊急フォーラム(第11回)
 「震災復興におけるNPO活動の現状」
2011/07/01  グローバルセキュリティ研究所 Faculty Seminar(第3回)
 「東日本大震災後の経済政策運営」
2011/06/27  慶應義塾学術シンポジウム
 「震災後の東日本の復興・再生に向けて」
2011/06/27  グローバルセキュリティ研究所 危機対応緊急フォーラム(第10回)
 「東日本大震災に見るValue of  Tokyo」
2011/06/20  グローバルセキュリティ研究所 危機対応緊急フォーラム(第9回)
 「東日本大震災後の日本経済の行方」
2011/06/14  グローバルセキュリティ研究所 Faculty Seminar(第2回)
 「震災復興期の税制・社会保障改革」
2011/06/06  グローバルセキュリティ研究所 危機対応緊急フォーラム(第8回)
 「東日本大震災と日本の電力市場整備」
2011/05/23  「日本の復興のために学術ができること—政治学の観点から—」
2011/05/23  グローバルセキュリティ研究所 危機対応緊急フォーラム(第7回)
 「震災の復旧・復興に関する資料と論点の整理」
 「調査から見た消費意識の変化」
2011/05/16  グローバルセキュリティ研究所 危機対応緊急フォーラム(第 6回)
 「東日本大震災における事業継続、サプライチェーン」
2011/05/11  グローバルセキュリティ研究所 Faculty Seminar(第1回) 
 「震災復興を契機とした資源循環型社会の新しいパラダイム」 
2011/05/09  グローバルセキュリティ研究所 危機対応緊急フォーラム(第5回) 
 「復興策:政府の役割、民間の役割」
2011/04/25  グローバルセキュリティ研究所 危機対応緊急フォーラム(第4回) 
 「災害対応と危機管理政策」
2011/04/18  グローバルセキュリティ研究所 危機対応緊急フォーラム(第3回) 
 「災害危機管理:新しいメディアの視点から」
2011/04/11  グローバルセキュリティ研究所 危機対応緊急フォーラム(第2回) 
 「超広域M9地震津波複合災害の経験、防災の効果と次への備えについての初見」
2011/04/04  グローバルセキュリティ研究所 危機対応緊急フォーラム(第1回)
 「関東大震災の経験から学ぶ」 

 
●その他の活動

東日本大震災特別調査の概況(第1回)~震災で日本人の心理や行動はどう変わったか
    慶應義塾大学大学院経済学研究科・商学研究科/京都大学経済研究所連携グローバルCOEプログラム
「市場の高質化と市場インフラの総合的設計」の一環として、慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センターが実施
            しました。

Scanning the Earth Project
    Scanning the Earth Project(地球環境スキャニングプロジェクト)は、放射線量をはじめとする地球環境情報を
提供するプロジェクトです。


SFCにおける東日本大震災にかかわる社会貢献活動のご紹介
    湘南藤沢キャンパス(SFC)では、学生や教職員それぞれが様々な人と知恵と力を合わせ、被災地の復旧・
復興に向けた多くの社会貢献活動を行っています。

G-SEC復興リーダー会議
    本プロジェクトは、東日本大震災の被災地での支援活動で実績を積んだリーダーや、今後の復興を担う人々による「復興リーダー会議」を立ち上げ、被災地の復旧から復興に向けて情報交換、対話と議論、研究を行います。復興に携わるリーダーを支援することにより、被災地の、さらには日本の復興につなげていきます。

↑PAGE TOP